« すしポリスだと! | トップページ | 植草氏が乗っていた電車 »

2006年12月26日 (火)

安倍、やべえ!

Abe_1 安倍やべえ!「美しい国」は反対に読むと「憎いし苦痛」

うそー!まじまじまじー?朝日新聞の週刊誌の宣伝の所にでっかく書いてあるよー!きっこじゃないけどビックル一気飲みの鼻からコーヒー牛乳だよっ!(ちがったっけ?)これは週刊朝日って雑誌の宣伝なんだけど、こここれって、ずいぶん前から、雑談日記(徒然なるままに、。)って一日に千百人以上アクセスがある有名な方のブログで言っている言葉ではないかっ!炎上バナーとか言うので、美しい国という字が動いて憎いし苦痛ってなるあれですよ。

週刊朝日の記者がこれ、パクったのかなあ?

他の記事宣伝もしときますわ。

安倍首相が「いい人」で終わる日。塩崎官房長官は「外交よりゴルフ?」。伊吹文科相が送ったトホホな手紙。本間前税調会長の愛人発覚と税金。小池前環境相が周囲に漏らした一言。高市大臣が嫉妬した女性議員達。

以上が「安倍やべえ!」のとこに書いてある記事です。あと別のとこに小さく書いてある、

安倍政権、元旦第一弾 「中流いじめ」家計の負担増 年収500万以下「破産の危機」

これはちょっと見逃せませんよ。週刊朝日買っちゃおうかなー。朝日新聞つながりで今朝の記事の中に政態拝見(星浩編集委員)ってとこの記事に、

自民党の宿敵だった教育基本法の改正にこぎつけ、防衛庁の「省」昇格関連法は民主党の賛成も得て成立させた。

「普通の内閣なら1年かけてようやくできるような仕事を3ヶ月でやってのけた」

と言う現職官僚の評価は、必ずしも過大ではない。

って書いてありました。私はこの安倍ソーリーは総理大臣の椅子に座っていられる時間はとても短いって思っているしなんだか、頭もあんまり良くないのかなあなんて思っていたんだけど、よくよく考えたら安倍ソーリーって、かなり実行力あるなって気が付いたよ。もちろんここで言う安倍ソーリーの実行力とは、悪い意味での実行力だ。たしかに事実として、教育基本法と防衛省のこの二つを一気に決めちゃった人間なのだ。

以前「きっこの日記」で紹介されていた「反戦な家づくり」の明石さんの言葉のなかに、

安倍晋三の無能ぶりを評して,短命だという論議が多いが,この点を見た上で評価しないと,痛い目を見るような気がする。「安倍晋三」は個人ではない。戦争責任を葬り去りたいという系譜の上に,歴史的に生じた人格だ。甘く見てはいけないと思う。

この点を見た上で、の中身が知りたい方は是非こちらにアクセスしていただきたいです。

反戦な家づくりhttp://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-271.html

そうなんです。安倍ソーリーを甘くみてはいけないのです。なんたって、この地球上でもっとも恐ろしい行為、戦争をしかけようとしている人物なのですから。

でも、恐いなあ。本当にこの日本が戦争にむりやり突入する日が来るのかなあ。相手はどう考えても中国だよねえ。以前、安倍ソーリーが官房長官だった時に、どっかのホテルでアメリカ側の肩書きがすごそうな人達と、安倍官房長官と民主党の前党首の前原誠司などが出席した会議で

日本と中国をいかにして戦争にもっていくか

などと言う話し合いをしたらしいっていうから、私は本当に恐くなった。どこかのホテルっていうのは、キャピトル東急ホテルの事だよ。国会議事堂の裏にあるやつ。

この情報がネットで流れてからあっちこっちで日本と中国が戦争したらどっちが勝つのか?とかどれくらいで終わるのか?とか色々なことが流れたみたいだ。

軍事的な難しいのは分からないけどおおかたの意見は、中国が勝つって事と、3週間で終わるだろうって事が分かってきた。終戦の決め手は中国の中から戦争反対の意見があふれ出てきて中国政府はそれを抑えられないって事になり、日本との戦争どころではなくなるって事らしい。それから、なんと言っても圧倒的に人間の数が違うので、日本の空はあっという間に、中国の戦闘機やら民間の飛行機やらで埋め尽くされるらしい。民間の飛行機がなにするかって言うと、自衛隊の基地の燃料庫につっこんでくるのだ。それと、日本の東京の新宿はすでに中国マフィアが占領してるし、長崎と神戸だっけかな?ちがったかな?もう中国に乗っ取られてるとか書いてあったなあ。まあこれはちょっと信じられないのだけど。

市街戦?て言うのになると大変らしい。なぜかって、この国の中にどれだけの中国人がいると思うかって考えたらもう大変な数だよね。正規の数じゃなくて不法滞在していたり密入国してたりってそりゃあちゃんとした数は、把握できていないのだろう。そもそも、このこと自体政府は何やってんだって事になるよ。

だから、私としては、っていうよりほとんどの全ての国民と中国の国民達は戦争なんかしたくないし、お互い復興するのにも、大変な時間とお金がかかるし、大切な人や家族の足や手がもげたり、自分もそうなるの当然いやだし、中国の人達もそんなの同じくいやだろうし、安倍ソーリーやそのゆかいな仲間達がどうしても戦争をしてみたいのなら、安倍ソーリーとワイフと安倍ソーリーの兄弟達とその家族とゆかいな仲間達の家族達がまず足や腕がもげてしまうような、戦争地域の最前線に置き去りにしてくるのが一番いい方法だと思うのだけれど、安倍ソーリーワイフが、わけの分からんブログを立ち上げちゃいました。

http://akie-abe.jp/

あまりにも、安倍昭恵さんまったりしているので、驚いちゃうのだのだ野田聖子ってきっこさんみたいなつっこみになっちゃったけど、私は、このブログに

美しい国って字が動いて、憎いし苦痛ってなったバナーを張ってくれたら、ちょっとは見直してあげてもいいんだけどね・・・・。

|

« すしポリスだと! | トップページ | 植草氏が乗っていた電車 »

コメント

防衛庁を省に格上げしたり教育基本法を変えたり、マジで戦争準備してますね。別に日本がしたいわけではないですが、相手から仕掛けられたら守らないといけないのは当然ですが。 きっかけはエネルギー争奪ですから、中国のエネルギー消費量が増えないように日本の科学技術で手を打つべきです。既に動きはでているが、大々的に日本の国策としてもっとアピールしろ。

投稿: サラリーマン | 2006年12月28日 (木) 12時05分

サラリーマンさん、確かに戦争のきっかけってエネルギーですよね。ロシアの元スパイ、リトビネンコ氏がイギリスで暗殺されたけど、イギリスはどうしたってロシアを叩けない。なぜならば、ロシアからエネルギーを供給してもらっているからだ。たとえ自分の国に放射能物質を持ち込まれたとしてもね。石油ってもうなくなるのでしょ?今度は天然ガスをめぐっての奪い合いか!

投稿: どらみ | 2006年12月28日 (木) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍、やべえ!:

« すしポリスだと! | トップページ | 植草氏が乗っていた電車 »