« 宅八郎、出馬かよ! | トップページ | 中国産小麦グルテン犬猫殺し! »

2007年4月15日 (日)

宅八郎氏決意表明!

Photo 宅八郎氏(44)の渋谷区長選挙の出馬にあたっての、決意表明です。

巨大ハコモノ建設に税金40億円が投入された!

いまの渋谷区政は区民の方を向いているのでしょうか?大手ゼネコンの利権だけを考えて区政が運営されている・・・。それが渋谷区の偽らざる実態です。現区長はわずか4年で2つのハコモノの建設を強行しました。1つは渋谷区東2丁目に建てられた温室植物園で、総事業費は約9億2000万円、年間運営費は9800万円。もう1つは渋谷区東1丁目に建てられた区民利用施設「リフレッシュ氷川」29億円の税金が投入され、年間運営費は、7267万円です。「途方もない税金のムダづかい」として2つの施設をTBS「噂のマガジン」が取り上げました。大手ゼネコンは、大型開発でボロ儲け、ウハウハいっています。暴走をとめるべき区議は皆、区長に媚びへつらうか、ナヨナヨ腰砕け・・・。議会は実質的にオール与党で、全ての区議が悪政に加担しています。

http://www.sos110.jp/taku/determination/index.html

他にも、色々と書かれているので是非↑ ↑ご覧下さい。

我らのきっこさんのお友達の幅が広すぎて、いつも驚かされちゃいます。(昨日のコメントを見てね♪)すみませんです。私はてっきり都知事選に出てきた、外山恒一の様に売名行為のおフザケかと思っていました。でも違うのですね。大いに真面目に真剣に考えて立候補されたのですね。

これは、共産党の曽根はじめ氏が、平成18年9月26日に東京都議会、本会議で、質問した内容です。

次に、石原知事の肝いりでスタートしたワンダーサイトについて伺います。
 ワンダーサイトは、新進・若手芸術家の育成を図るとして、二〇〇二年、文京区本郷の教育庁所管の御茶ノ水庁舎を改修してスタートしたもので、現在ではこれに加え、カフェを併設したワンダーサイト渋谷、この秋にもオープンが予定されている内外の芸術家のための宿泊施設、ワンダーサイト青山と三つの施設がオープンすることになります。
 都の文化施設は、石原知事が膨大な経費を投入する一方で、入館者は一向にふえず、採算を度外視した運営が続けられてきたという一言で、軒並み財政が切り縮められ、基本的に独立採算性が押しつけられています。
 現代美術館では、都の予算がこの五年間で三割も減らされているのに対して、ワンダーサイトは別格で予算はふえ続け、今年度では事業収入は千二百万円なのに、東京都の補助金は事業収入の四十倍の四億七千万円も出されるなど、まさに破格の扱いとなっているのです。そもそも若手芸術家育成というのであれば、現代美術館でやればよいことです。
 しかも、その運営も極めてずさんなものです。二〇〇四年に行われた財政援助団体などに対する都の監査では、事業をチェックするために設置されたコミッティ委員会が年一回しか開かれず、事業計画の決定及び決算の認定が審議されないまま、委員長の決定だけで処理されていること、都の承認なしに事業の変更が行われ、事業計画と執行に内容も金額も大きな乖離が生じているなどの指摘が行われるなど、行政サイドからもそのあり方に重大な疑義が提示されるに至っているのです。
 人事も不可解です。まず、ワンダーサイトの館長は、知事が参与に委嘱した今村有策氏が就任、また今村参与の夫人がワンダーサイトの副館長とワンダーサイト青山の館長を兼務で務めており、まさにファミリー支配といわれても仕方のないものです。しかも、今村夫妻は参与、館長、副館長という三つの役職の報酬を受けていることになります。
 そもそも今村氏は、大学では建築を専攻し、卒業後も大手設計事務所に勤めていた方で、株式会社ライフスケープ研究所という会社の経営者でもあります。今村氏の会社がワンダーサイトの設計監修を行っていたことが建築専門誌で紹介されています。そして、今村氏が文化行政にかかわる参与として知事から委嘱されたのは、ワンダーサイトが竣工する五日前でした。この直後、今村氏はワンダーサイトの館長におさまりました。だれが考えても、今村氏にワンダーサイトを仕切らせるための出来レースとしか思えないではありませんか。
 ワンダーサイトの監修設計は教育庁が行ったとしていますが、設計の専門誌「新建築」では、今村氏の会社が設計監修を行ったことが紹介されています。どちらが本当なのですか、答弁を求めます。
 ワンダーサイトが行った海外調査及び交流の計画と実績、目的、参加者氏名を明らかにしていただきたい。
 知事、知事の肝いりでつくったワンダーサイトのずさんな運営実態について、知事自身、どのように認識していますか。都民の批判は免れないと思うが、知事自身の責任をどう考えているのか、見解を伺います。

東京ワンダーサイドは、悪い意味であまりにも有名ですね。

ところで、渋谷区長に立候補している人は他にいるのかな?

あっ、いましたね。渋谷区長に立候補しているのは、坂井正一(さかいしょういち)59歳、無所属。 矢野守啓(やのもりひろ)(届出名は宅八郎)44歳、オンブズマン渋谷行革110番。 矢部一(やべはじめ)56歳、無所属。 桑原敏武(くわはらとしたけ)71歳、現渋谷区長、無所属(自民、公明推薦)

http://www.senkyo.janjan.jp/election/2007/13/00005607.html

この今の渋谷区長の桑原さんは、たったの4年間で温室植物園と、渋谷区リフレッシュ氷川というものを作って、なななんと税金を40億円も使っていたって本当なの?これって、渋谷区民のために何か反映されてんの?

都知事選があまりにも、悲しい結果だったので、ちょっとこの渋谷区長選挙に注目してみようかな。

いつも来てくれてありがとう♪もしよろしければ一度押してみてくださいませ。

人気blogランキングへ

|

« 宅八郎、出馬かよ! | トップページ | 中国産小麦グルテン犬猫殺し! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/177311/6099945

この記事へのトラックバック一覧です: 宅八郎氏決意表明!:

« 宅八郎、出馬かよ! | トップページ | 中国産小麦グルテン犬猫殺し! »