« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年9月16日 (火)

地獄にいる作曲家。

昨日まで知らなかった。痛くて苦しくて頭の中でガンガン音がして、発狂しそうになったり、夜部屋の中でもサングラスをかけないといけなかったり、作曲家なのに、両耳から音が聞こえない。

被爆2世クラシック作曲家、佐村河内守(さむらごうちまもる)。彼は、1963年広島に生まれる。44歳。今は、横浜市港北区在住。

小さい時からピアノを習い、あっと言う間に難しいクラシックの曲を全て弾きこなせていた。母親に「あなたに教える事はもう何もないわ」と言われた時に、佐村河内(さむらごうち)は、自分は作曲家になるんだと、この時すでに心に決めていた。

35歳から、両耳が聞こえなくなり、絶対音感を頼りに作曲活動をしている。

彼の部屋には、作曲に必要なピアノがない。指が動かない状態が続いていた。つねにたくさんの薬をのんでいる。部屋の明かりも、目には刺激になるので、いつもサングラスをしている。

ある日、彼は自分に試験を出してみた。

ある交響曲を譜面に全て書いてみた。自分の頭の中にある音譜だけが頼りだ。そして、みごと本物の楽譜と一致したのだ。

この時、作曲家としてやっていける自信がもてたと言う。

彼が、有名になるきっかけは、ゲームの音楽だった。まれにみる大人数のオーケストラで、これで、世間は彼に注目し始めた。

広島の交響曲第一番70分を完成させている。苦しくて暗い音楽のようです。最後の10分は、天に上っていくような音楽に変わるそうです。

昨日、偶然テレビのニュースの特番みたいなので見ただけだから、うる覚えなんだけど、なんか、自然と涙がでてきちゃったよ。佐村河内は、けっこうカッコイイよ。顔は面長で黒い服で黒いサングラス。しゃべり方は、とってもやさしそう。部屋の中は、十字架が壁にあって、マリア様みたいなのが置いてあったかな。部屋の中の撮影の時に、彼は、自分の頭をガンガン叩いていた。きっと、頭の中で何かが鳴っていたんだろうか。薬のビンだらけだった。

自分の作曲したクラシックのオーケストラコンサートを、会場の椅子に座ってステージを見ている。でも、彼には何も聞こえない。テレビの音を消した画面をみている感覚なのだろうか。

大きな拍手がホールを包み込む。彼のいる場所にスポットライトが当たる。彼は、ステージにゆっくりと進む。女の子と手をつないでステージに上がる。この女の子は、彼に以前からファンレターを出してきてくれた女の子だ。彼女の手紙に、佐村河内は何度も救われたと言う。

被爆者は、死んでいきます。私の両親もやがて死ぬでしょう。そして、私もいつか必ず死ぬでしょう。だから、次の世代に伝えないといけないのです。

彼は、こう言って自分の横にいる女の子に、そして、お客さんに「拍手を」と言い、ホールはいつまでも拍手が鳴り止まなかった。

私、彼の、佐村河内の作曲したクラシックコンサート行ってみたいな。テレビの影響力ってすごいから、当分はチケットとれないだろうけど、彼は今、交響曲第二番と第三番を書いているから、いつか、必ず聞きに行こうと思う今日このごろなのでした。

もしよろしければ、クリックお願いします。

人気blogランキングへ

| | コメント (97) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

福田チャンって・・・!

そー言えば、福田チャン・・・・。辞めちゃいましたね。アベシンゾーの時も驚いたけど、今回も十分過ぎるほどビックルーさせていただきましたよ、ええ。

自民党って、相変わらず、「へたれ」だね。

アベシンゾーの、ボクちゃん辞めます辞任の時の責任も、全くとっていないし、って言うか、今だにアベシンゾーが政治家やっているってーのがマジ、1人の国民としてウルトラチョー納得できないんですけどね。お前の給料、あたし達が払っているのかよっ!てね。

んで、その最大の責任を自民党はとらないで、今度も突然の自民党オススメの総理大臣、福田首相の突然の辞任ときたもんだ。

外国から見たら、どう思われているんだろうね。日本の首相はすぐ辞めちゃうんだねって・・・・・。ああ、恥ずかしいぜ。

長続きしないのが、国民性って思われたら自民党はどう責任とってくれるんじゃーっ!あ、あの、自民党が、そんなもん「責任」なんかとるワケないよね。「責任」とらないのが、自民党のカラーですから。

福田チャンなんだけど、どうやら本人の性格もあるらしいんだってね。すぐに辞めちゃうの。

前に、福田チャンはお友達議員とゴルフに行ったんだって。それで、砂みたいな所に(バンカーって言うのかな?)ボールが入っちゃってなかなかそこから抜けれなくて・・・・・・・・・・・・、そしたら・・・・・・・・・・・・。

「やめます」

って言って、お風呂に入ってそのまま帰っちゃったエピソードの持ち主なんだってさー。すごいねー。私、ゴルフやらないけどさ、これはいくらなんでも、反則だろーってわかりますですよ。

福田チャンが、官房長官の時に、記者に「年金未納の時期があるって本当ですか?」って質問されたら、

「じゃ、辞めます」

って言って、官房長官を辞めたんだよね。

・・・・・・・・。まあ、過去にこんなコトが実際にあったワケで、なんか、すぐに辞めちゃう性格なんだねってコトなんだけど、だったら逆に思うよね。

ずーっと、長いコト自民党にいたんだから、(今もいるけど)そーゆー、ヤバイ性格ってわかっていながら、日本の総理大臣にしたんでしょ?

今度は、漫画大臣かよっ!

いい加減にしろっ!

もしよろしければ、クリックお願いします。

人気blogランキングへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »