« 2009年5月 | トップページ | 2011年3月 »

2010年4月 8日 (木)

巨人のホテル!

Photo_2  1年ぶり位ですかね。皆様お久しぶりです。突然ですが、巨人と言えば、そう、あのジャイアンツですよ。原監督率いる読売ジャイアンツのコトです。今度、初めて「東京ドームホテル」にお泊りするんだけど、せっかくなので、と言うか、こっちがメインなんだけど、

巨人戦を感染、いや、観戦しに行こうとなぜか急に思いたち、色々と調べてみたら、東京ドームホテルのサイトの中に、巨人戦のチケットがパックになっている宿泊を見つけた。色々調べたって言ったけど、ホントは、アイフォーンだっけ?アイパッドだっけか?手のひらサイズでパソコンみたいになんでもできるやつ。アレでチョコッと調べただけなんだけどね。試合会場はもちろん、東京ドームですよ。ホテルからすぐだから、チョー楽チンだわね。

値段は、座席によって違っていて、S席、A席、B席、C席ってカンジで別れていたんだけど、あたしは、野球に関してはド素人なので、当然S席が一番いいって思うんだけど、どうも、A席が一番いいらしい。

まあ、とにかく1分1秒でも早くチケットをゲットしなければ!と思い、さっそく電話。

「もしもし、巨人戦のパックの宿泊を予約したいのですが」

こんなカンジで、トントン拍子に話しは進む。

「S席、A席は完売しておりますので、B席かC席になりますが」

あたしは、当然「B席で」とお願いした。

「B席ですね。1塁側と3塁側になりますが、どちらになるかは、選べません」

・・・・・。あたしは、東京ドームの座席に詳しくないので、と言うか、どこが見やすいのか全く分からない状態で電話したコトを少し後悔していた。

「あ・・・、そうなんですかあ・・」

しばらくして、

「あのー、巨人の応援したいんで、当然巨人応援側の席ですよねえ?」

と、当たり前の質問を、東京ドームホテル宿泊係りのお姉さんに聞いてみた。すると、この後とんでもない驚愕な答えが返ってきたのだっ!

「それは、なんとも言えないんですよね。こちらでは、席の場所は指定できないものですから」

「いやいやいやいや、そそそれは、ここ困ります。巨人の応援しに行くんですから、対戦チーム、つまり、敵の応援席側になんて、絶対に無理ですからっ!」

「申し訳ございません。こちらでは、席の指定はできないものですから、お約束はできないのです」

「・・・・・・・」

はあ、じゃあ、それでいいです

ししししし信じられないよっ!なんなんだ??このシステムは?おかしくないか?絶対におかしいよねえ?変だよねえ?

わーい、わーい。東京ドームホテルだーわーい。東京ドームで生まれて初めて野球を見るんだぞー。しかも、巨人戦だぞー。オレンジの巨人ジャイアンツのタオルは持ったね。ちゃんとジャイアンツのTシャツは着たね。このオレンジのタオルを皆で一体になって、東京ドームでブンブン回して応援するんだー。わーい。

さて、えーと、座席はと、Bの、えーと・・・・・・。

あれ?なんだか、オレンジ色の雰囲気が全くしないなあ?あれ?気のせいか、晴れているのに・・・・・・、やけに・・・・・・、ビニール傘持ってる人が・・・多いなあ・・・。しかも・・・・、透明のビニール傘じゃなくて・・・何気に、みどりっぽかったりしたりして・・・。

ぽつーん

右も左も前も後ろも・・・・みどり色のビニール傘

つまり、攻撃の時は、全員立ち上がるので、巨人の攻撃の時は、自分がメッチャ目立ち、守りの時は、全く見えない状態になる、と、言うコトだよね?

なんで?なに?このシステム?

反対に、たとえば、大阪から親子で巨人対阪神の試合を楽しみに東京ドームホテルに宿泊セットの予約して、本当に楽しみで、トラの応援グッズに身をかためて、いざ、東京ドームに入ったら、自分の周りはトラファンではなく、オレンジに染まったジャイアンツファンだらけの席だったら、どう?あまりにも、悲惨じゃない?

なんでこんな、ワケの分からないシステムなんだろうね?

阪神と言えば、城島ってカッコイイよね。キャッチャーの城島。

あー、あたし、生まれて初めて巨人の選手を生でリアルタイムで見るのに、まさか、あっち側じゃないよねー?

東京ドームホテルって、巨人の選手が宿泊したり、中には住んでいる選手もいるとかで、とにかく、楽しんで来ますわ。チェックインは、通常2時からなんだけど、あたしが行く日は、特設カウンターを設けて、11時にチケットを渡してくれるんだって。デイゲームだからね。試合は2時から。

ファンは、3時間位前から入っているんだってね。練習風景とか見れるし、グッズなんかも買う時間タップリだからね。

野球って、ファンにとっても支えられてできているんだなって思うよね。試合の3時間も前から、並んで観にきてくれるんだもの。

とにかく、座席はどうなるかわからないけど、楽しんできます。

生まれて初めての、巨人戦!ランラン。

人気blogランキングへ

巨人戦観戦宿泊プランはこちら

| | コメント (1)

« 2009年5月 | トップページ | 2011年3月 »